1. ヒッチハイクの魅力
2. ヒッチハイクの基本
3. 車に乗った後の注意
4. 服装や持ち物について
5. 旅先のトイレの見つけ方
6. 僕の愛用ツール


1. 宿さがしのコツ
2. カプセルホテル
3. ユースホステル
4. ビジネスホテル
5. 野宿のススメその1
6. 野宿のススメその2


1. ヒッチハイク旅行記1
2. ヒッチハイク旅行記2
3. やってみてわかったこと


1. オススメ書籍
2. リンク集-情報サイト
3. リンク集-アウトドア用品


車に乗った後の注意

車に乗せてもらったら運転手さんとコミュニケーションを取るのがお勧め。

だいたい皆さん、車に乗せてくれるような人は話し好きが多いです。
降りるときまで色々と情報を聞いておくと旅の楽しさも倍増ですよ!

■どこまで行くかしっかり聞いておく
運転手さんが目的地まで連れて行ってくれるとは限りません。
途中のインターで高速を降りる可能性もあります。
目的地までまだ遠いのに高速道路を降りた場合、また高速道路へむかう車を探さないといけないので時間がかかります。
一般道の場合は降りるときに次に車を捕まえやすいところを聞いておくのもいいでしょう。

■地元の情報を聞こう
もし運転手さんが地元の人なら、土地のことを聞くチャンスです。
土地の人の話の中にはガイドブックにも書かれていないとびっきりの情報が含まれている時があります。僕も昼食のおいしい店を教えてもらったり、良い宿屋を紹介してもらったりしたものです。
たいていの人が気楽に話しに応じてくれますが、中には迷惑そうな顔をする人もいます。その場合は会話はほどほどにしましょう。でも好意で乗せていただいてるわけですから、くれぐれも感謝の気持ちは忘れずに。

■途中で降りなければならない場合
降りる場所の手前の大きいサービスエリアで降ろしてもらいましょう。
(トイレしかないサービスエリアは車があまり来ないので、できれば飲食店などある大きいサービスエリアが理想)
ちなみに、大きいサービスエリアだとサービスマップという小冊子がもらえたりします。
その冊子を参考に行き先の交渉計画をたてるのもお勧めです。
サービスエリアで降ろしてもらったら、休憩しているドライバーさんを見つけて交渉してみましょう。
「どこまで行かれますか?よろしければその手前のサービスエリアまで乗せていただけないでしょうか?」とお願いしてみましょう。
サービスエリアの外でも普通にヒッチハイクは可能ですが、車が止まりやすく安全な場所を選んで行うようにしましょう。

■目的地が近づいたら
ちょうど目的地まで乗せてくれる車が都合良くヒッチハイクできるとは限りません。
素直に公共の交通機関を利用しましょう。あらかじめ目的地周辺の交通機関を地図等で調べておくと困らなくて済みます。
また目的地がかなり近い場所まで来ていて、なおかつ高速道路を降りることのできない場合もあります。そういう時は高速道路のサービスエリアを降りて一般道に出てしまいましょう。そこから公共の交通機関を使って移動すればゴールまであと少しのはずです。


 
copyright 2006 © ひっちはいく・ビギナーズ!